一日一磨き日記

毎日一歩ずつきれいな暮らしを実現します

歴史を好きにさせるおすすめ本:源平合戦の隠された主役

■本当はめちゃくちゃ面白い歴史読み物

歴史オンチです。知りたい気持ちはあるけど、昔の戦争とか権力闘争とか、想像力と理解が追いつかない。歴史ドラマを見ても、仰々しい演技がワンパターンで飽きる。

そんな難攻不落の歴史オンチである私を歴史好きにさせてくれたのが、白蔵盈太さんの『義経じゃないほうの源平合戦』。

日本史で習った源頼朝、範頼、義経の源氏兄弟。

頼朝と義経は有名人ですが、真ん中の範頼(のりより)は存在感薄いですよね。範頼は母親が女郎ということで格もちょい落ち、地味で戦下手?らしいのですが、この範頼が、源氏再興に影ながらコツコツ貢献していたという話。

ストーリーとしては面白いはずなのですが、多くの歴史読み物は事実ベースの記述が多くて、だんだんとついていけなくなるのが私の常。

…ですが、白蔵本は非常にリアルで現代小説さながらに、登場人物の心境や迷いをわかりやすく等身大で表現されているので、登場人物の行動原理や道理が理解・共感できて、すいすい読めるのです。

「一の谷の戦い」で平家派に勝利した義経だけど、勝手に京都で後白河法皇と仲良くなってしまうなど勝手気ままにに振る舞い、鎌倉にいる兄・頼朝との溝が生まれていきます。その後も、冷血で権力志向の強い頼朝と、自由奔放で戦の天才の義経が、どんどんすれ違っていくときの範頼の心境。

「頼朝兄さまと義経という、才能に溢れた癖が強すぎる二人の兄弟の間に生まれついた自分の運命を、げっそりとした疲労感とともに呪った」

「あまりにも真っ当な義経の主張に、下手くそかよ、と私はうんざりした。それでは駄目だよ義経。お前は自分の置かれた状況をちっともわかっていない」

いよいよ、頼朝と義経は決裂し、範頼は頼朝に義経討伐を命令され、忠義を問われます。

「その言葉を聞いた瞬間、私の中で何かが弾けた。何だよ、私を疑っているのかよアンタ。ふざけんな。ふっざけんな。例によって自分では何もせず、私に弟殺しをやらせようとするんだ」

というふうに、描写があまりに等身大w

でも、「範頼は、義経討伐の兵を挙げることを拒否した」とか「頼朝は、義経の寝返りを疑った」ぐらいの事実ベースの記述では、「え?そうなの、なんでなんで?」と理解が追いつかず、気持ちがついていかない私としては、登場人物の置かれた状況と心情がビタっと理解できてとても読みやすかったです。

また戦いの推移というのもとてもリアルに描かれていて、地図帳を引っ張り出して「琵琶湖のここらへんか」「摂津国福原とは?神戸市兵庫区あたりか。あ、福原という町名がある」などと現場検証も楽しんだのでした。

関東の人間からすると、西日本は日本史の名所名跡の宝庫で羨ましいかぎり。

■人はそれぞれ心の中に「壺中天」をもっている

こちらも読みました。『画狂老人卍 葛飾北斎の数奇なる日乗』。90歳まで絵を描き続けた江戸時代の天才絵師、葛飾北斎の小説。北斎界隈の本は何冊か読んでいますが、実は北斎の代筆をしていたとされる北斎の娘「お栄」をいきいきと描いている点で秀逸。お栄はじつは萌え…ゴホンゴホン…詳細は読んでのお楽しみ。

こちらはいわゆる歴史物(戦記物)ではないのでさらに読みやすい。

この本で知った言葉。壺中天(こちゅうてん)。

「壺中天というのは、北斎が好んで使う言葉である。――誰もが心の中に壺を持っていて、その壺の中にせっせと自分一人だけの世界をこしらえているもんだ。その壺の中に入って一人で見上げる天は、誰も邪魔することのできねえ、そいつだけの天なんだ。おめえらは自分の壺中天を大事にしろ。あと他人の壺中天を軽い気持ちでのぞき込むのはご法度だし、もし見ても絶対に笑うんじゃねえぞ

壺中天、いいですね。私はさしづめ読書の壺の中の人でしょうか。

ちなみに著者の白蔵盈太(シロクラエイタ)さんのプロフィールは下記の通り。

1978年埼玉県生まれの一男一女の父。
メーカー勤務のかたわら、2015年頃から本格的に小説を書き始める。
2019年、Nirone名義で執筆した小説「わたしのイクメンブログ」が漫画化(全3巻・完結)。
2020年「松の廊下でつかまえて」で第3回歴史文芸賞最優秀賞を受賞(『あの日、松の廊下で』に改題し文庫化)。

■著書
『あの日、松の廊下で』(文芸社
『討ち入りたくない内蔵助』(文芸社
『画狂老人卍 葛飾北斎の数奇なる日乗』(文芸社
義経じゃないほうの源平合戦』(文芸社)   文芸社HPより

なんと二足の草鞋。まだお勤めなのでしょうかね? 働きながらこれだけの小説を書くとは。まさに壺中天を持ち続ける人ですね。著書がたくさんあるので、当面かたっぱしから読んでいきたいと思います。

f:id:kanacco11:20240521170424j:image

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

 

自己評価と自己満足度を上げる超簡単な方法

■自分を愛せていますか?

初期でとどめたはずの風邪。どうやらコロナだったようです。

ほとんど発熱せずに2日で喉の痛みは収まってきた…はずなのですが、そのあと喉の不調と鼻水、頭痛や重だるい感じがしつこく続きました。

これは…まさに2021年に体験したコロナ!(の熱なしヴァージョン)

といっても、前半はただの風邪と思い込んでいて、週中頃に打ち合わせ予定だった人が「コロナで出社できません」連絡が来て、はたと我が身を振り返った次第です。

でも、半袖で寒かったのが引き金になった自覚はあるので、きちんと暖かい服装をしていれば発症は免れたかもしれません。我が身を反省しきり。

健康、超大事!!!!!!

幸いにして、先週は外出仕事がなかったのは助かりました。家でできることを休みながらコツコツ(ツラい)。

そのなかで受けたウェビナー。私が勉強している心理学の講座なんですが、そのなかで受講者からこんな質問がありました。

「自分を愛するためにやったらいいことは?」

自分を大切にする、自分を愛する…よく言いますよね。私もあんまり自分を愛せているほうではないので、どんな返事が来るのだろうと期待しました。

f:id:kanacco11:20240520122815j:image

■今すぐできる「自分を愛する」アクション

「自分を愛する」ためにできること…その問いに先生から出てきた言葉はこうでした。

「一歩でも自分の成長を感じられる行動を起こすこと。たとえば、やろうと思って後回しにしていた掃除を今することでもいいんです。今まで30分かかっていた作業を20分でやるようにするのでもいい。ごく小さなことでも、自分の成長を実感できる行動を起こすことが自分を愛することです」

……驚きました。「頑張った日は自分にご褒美をあげて」「自分にとって心地いいことを優先する」などと、【自分を甘やかしてあげる】ことが「=自分を愛する」なのかな…と漠然と思っていました。

ところが、【面倒と思っていたこと】【先延ばししていたこと】【大変と思っていたこと】を実行することが「自分を愛する」ことだったなんて…!

実際に、先生が言う通りに【面倒と思っていたこと】【先延ばししていたこと】【大変と思っていたこと】を実行に移していくと、たちまち「自分を愛する」気持ちが高まることが実感としてわかりました。

自分に対する満足感が上がって、自己評価も上がっていくのです。

苦行だと思って避けていたことが「自分を愛すること」だったなんて…!

これは人生のトップ10に入る発見かもしれません。この言葉から私の行動は変わりました。家事でも仕事でも率先してやる。だってそうすると、自分への満足感に直結すると実感としてわかったからです。

今日から仕事復帰。風邪は辛かったけど、いろいろインプットできたおかげで、新たないいスタートを切れそうです。月曜日からがんばりましょうー。

f:id:kanacco11:20240520122914j:image

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

その美意識は、自分のためにある

■美意識とは、心の栄養

ちょっと風邪引きました。といっても、咳も鼻水もなし。金曜の夕方から喉が痛くて熱っぽく、日曜の午前中まで調子が出ませんでした。

私はだいたい「喉→咳→鼻水」と推移するのですが、なんとか初期で押しとどめました。ほんと、風邪で寝込むってイヤだから。

わかってる。原因は金曜日に半袖で出かけたこと。だってニュースで「夏日、夏日」っていうから…。そしたらけっこう肌寒かった…。この季節、服の調整むずかしいですよね?

そして私は悟りました。寒いよりは暑い方がマシ。なるべく上着は持ち歩きます…。

ということで、この約1日半、私には珍しく家に閉じこもり、ネットサーフィン→寝る→仕事→寝る→読書→寝る→仕事→寝る→ネットサーフィンという永遠のループを彷徨っていました。

そして延々とつづけたネットサーフィンと読書から得たもの。これからは自分の美意識に従ってなるべく生きよう、と思いました。

美意識。けっして高い方ではありません。むしろ確実に低いほう。他人からも「美意識が高い人」には見えてないと思います(断言)。

そういうものとは、私は縁がないと思っていました。そもそも私は美意識についてまともに考えたこともなかった。人前に出る時は必ずメイクをするとか、流行語やスラングは使わないとかホテルはラグジュアリーしか泊まらないとか、その程度のものぐらい?としか…。

でも、ふと思ったんです。美意識って自分のための心の栄養だったんだって。

■主体的に、自分の良心にしたがって生きる

美意識って、外観からほぼわからない、ひたすらに「自分のための行い」だと気づいたのです。たとえば…

お手洗いでペーパーで手を拭いた後、そのペーパーで洗面台をさっと拭く。

一人の簡単なご飯でも、きれいにお皿に盛り付けてゆっくり感謝して食べる。

座っている時、立っている時、姿勢を伸ばす。

ただのメモ書きでも、きれいに書いて丁寧に扱う。

言葉を発する前に、その人の気持ちになって考える。

時間を見つけて、好きな本を読み続ける。

 

はた目には、昨日とほぼ変わりのない、いつもの私。

でも、心の中は、自分はこうありたいという良心に従っている。

それは、人によく見られるとか、スキルや知識が高まるとかが目的ではなくて、自分のため、自分の良心や心地よさのため。そういう主体的な生き方だったんだ、と悟ったのです。

美意識に従って生きると、たとえお金がなかったり、望んだ立場になかったとしても、きっと心はしゃんと立つと思います。

上に挙げたのは、私の中で気づいたほんのささやかな「ありたい美意識」です。こうした美意識の小さなポイントを見つけて、「自分のため」に従う。

良心とも似ているのですが、良心はちょっと利他的な意味合いが強い気がするので、やっぱり美意識。あくまで利己的なものなんです。誰も気づかなくていい、ただ自分の満足のためです。そんなふうに1日1日を過ごしていこうと心に決めた週のはじまりでした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

半径1kmの幸せを実感するGW

■GWはどこも行かない派が増えた?

GWはいかがお過ごしでしたか?平日に休むフリーランスゆえにGWに行楽に出かけることがほとんどないのですが、このGWはさらに進化(退化?)し、電車にすら乗りませんでした。

だってだって、天気が良くて過ごしやすいこの季節、家から遠く離れちゃうのがもったいない!!

すごくいい季節だからこそ、家で快適に過ごせるし、近所の散歩を満喫したい。ネットニュースでも「お出かけしない派」がちょっぴり増えたような記事を見かけた気がします。外国人旅行客の増加や物価上昇もあるよね・・・。

というわけで、家で洗濯や掃除をしたり、ちょっと贅沢な割烹に行ったり、ティーハウスでお茶をしたり、近所の神社にお参りしたりして、地を這うようにして過ごしていました。

そうそう、読書もたくさんしました。政治、歴史、ミステリー分厚いのをがんがん読みました。ジムもせっせと通ったな。そして、残念なことに午前中はみっちり仕事していました(笑)。もう楽しくて忙しかった。ずっと続け!GWと思いましたよ。

f:id:kanacco11:20240506235102j:image

■その欲望は自分のものか?

GWではないけど、コロナ禍前は、海外旅行に年1、2回行きたい、国内旅行にももっと行きたいと漠然と思っていました。でも、コロナ禍を経て、パスポートは切れ、海外旅行に行くのに腰も重くなり、そうこうしているうちに海外で味わうであろう円安の恐怖…!

なんか、旅行したい欲が一気に収束してしまった感じ。そして、私はよく無駄にウィンドウショッピングに出かける女なのですが、それもまた収束。映画なんて、時間を合わせるのが面倒でまず自発的にいくのはもう無理ですw

お金ないの? いや、2023年は過去最高に稼ぎましたけどね・・・(自社比)。

私、けっこう消費社会に踊らされていたのかな…。休みには旅行に行き、話題の店で行列して食事、トレンドスポットにでかけて、やたらと写真を撮る。これって本当に自分の欲望でしょうか。

本読んで、散歩して、仕事して、美味しいものを自宅や近所で食べて、ジムに行って、家でゴロゴロする。半径1kmぐらいでこのルーティンを回すだけで「幸せだ〜」と実感できる女になってしまいました。

単に歳をとったのか。一時的な欲減退期なのか…。この先、どうなってしまうか知りません。また変わるかもしれません。

f:id:kanacco11:20240506235254j:image

とりあえず今私が生きている場所を味わい尽くしたいというのはたぶん本心。自分が今住んでいるところって、どこであれ、きっと最高の場所なのだと思う。 

なんで、わざわざ遠くに行きたいと思ったんだろう。近くの神社じゃなくて、遠くの神社をありがたがっていたんだろう。都心の有名店より、近所で頑張っている美味しい店を応援したい。そんなありがたき気持ちでGWを終えていく私なのでした。

f:id:kanacco11:20240506235419j:image

最後までお読みいただき、ありがとうございました!よいGW明けを!

 

自分の時間はすべて生かそう

■2日連続出張でも、読書はすすむ!

昨日最終便で東京に戻り、今日は関西方面へ出張です。今回は滅多に乗らない「ひかり」に乗車したのですが、ガラガラ!ちょっと最高じゃありませんか。(追記:小田原からたくさん乗ってきた…!)

東海道新幹線は「のぞみ」はいつも満員状態で、乗ってるだけでぐったり疲れるんですが(帰りは充満した食べ物やお酒の臭いでやられる)、こんなに空いているのですね。心なしか空気もおいしいw

f:id:kanacco11:20240423093615j:image

出張続きですが、私はすこぶる元気です。ただし、ときどき頭がクラクラします(笑)。飛行機に乗ったせいだと思いますが、平衡感覚がときどき変になる感じ。やっぱりしんどいのか?

月曜日の出張先では、朝8時〜夕方5時ぐらいまでみっちり仕事でしたが、日曜日・月曜日、そして今朝の電車の中という、2日ちょっとで300ページに及ぶ本を1冊読めました。

別に必死に読んだわけではなく、先が読みたくてスキマ時間に読んだ結果です。

 

■心の自由は、いつまでも自分だけのもの

仕事人間で、ほぼ365日仕事を中心に生きている女ですが、仕事のペースは変えず、なるべく「自分の時間を生かすこと」を大切にしていきたいとあらためて思いました。

みっちり仕事が詰め込まれていても、自分の知的好奇心や教養や心を満たす時間をつくっていたい。

また、スキマ時間だけでなく、仕事で会う人、訪れる場、知ることも一期一会の縁を感じて大切にしていきたい。

 

アウシュビッツを生き抜いたユダヤ精神分析学者ヴィクトール・E・フランクルは、みずからの経験を記した名著『夜と霧』で、ナチスにあらゆるものを奪われても、誰もが奪うことができなかったのは、私たちの心の自由だったと述べていました。

なんだか例えとして適切なのかわかりませんが(汗)、どんな状況や環境にあっても、私たちは今、自分はどう考え、どう生きるかという選択権はたえず与えられているのです。

 

よい1日を過ごしましょう〜✨

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

女は出張が憂うつなのだ 出張を楽しむ術とは?

◾️厳選。私の出張アイテム

月曜は朝から地方で仕事なので、珍しく日曜日から現地入りです。私はこの前日の現地入りがあまり好きではありません。

なぜなら、身なりを整えるアイテムをもっていくのがとっても面倒だから…!

男性だったら、簡単な着替えセットぐらいで行けちゃうんでしょうか?いいですよね。

女性は必須アイテム多いんです。普段だったらメイクブラシだって何本も駆使してるし、洗顔含め基礎化粧品だって3〜5種類ぐらい? コンディションや気分に合わせて使い分けている化粧品の類は、諦めねばならん。panasonicのナノケアドライヤーも当然断念。

そうそう、顔を洗う時のヘアバンドやピンがないのも結構ストレスなので、ヘアバンドも持って行きます。ホテルのシャンプー&コンディショナーで髪がバサバサになるリスクも怖いので持参。ということで、さまざまなアイテムを携行する必要があり、大抵なんらかの忘れ物があるのです…

かといって、大荷物でスーツケースごろごろで出かける私ではありません。小分けボトルに化粧品類を入れ替えるだけではあきたらず、なんと使い捨ての基礎化粧アイテムを用意してしまうのです。

f:id:kanacco11:20240420171544j:image

コットンに染み込ませた化粧液体をパッキングして使い捨て状態に。怪しげなマークが描かれていますが、左からアイメイク落とし、クレンジング(washの意味か?)、化粧水、乳液の順です。シャンプー・コンディショナーは、ドラッグストアで高級シャンプーのお試しパックを買い求めました。本当は普段使っているものを持っていきたいところですが。荷物を減らしたい一心。

着替えについて、真剣に考えると発狂しそうになる。だって持っていくと、どうしてもシワシワになっちゃう。かといって着ていけば、着たきりスズメになる。今回はジャケットに合わせるTシャツをもっていきます(完全あきらめ)。

f:id:kanacco11:20240420171547j:image

ということで、出張にともなう追加アイテム。黒いのは現地の移動で使うバッグ。帰りにはお土産用袋になります。左下のバッグは下着類や化粧品類。出張先は雨の予報なので携帯傘、そしてPC/スマホの充電機器。これ以外に、メイクポーチ。…やっぱり多い!

そして、荷物を極限まで減らしてまで持って行きたかったのは、読書用のKindleです。

■移動・隙間時間をフル活用する出張術

f:id:kanacco11:20240421184134j:image

今日は日曜日ということもあって、夫に羽田まで車で送ってもらい、2時間前に早々チェックイン。ラウンジで仕事を1つ終わらせました。よっしゃ。

f:id:kanacco11:20240421184128j:image

(え、こんな小さいの・・・・)現地の天候が悪く、別の空港に着陸する可能性も示唆される…。

なんとか無事に着き、ホテルは15時にチェックイン。17時まで仕事の予習をしていました。夜は同行者と食事をする予定でしたが、入りがバラバラで、一人ホテルで食事をすることに。

やった!!!!!

今はホテルで酒を飲み、kindleを読み耽っています。あーーーしあわせ。

明日は最終便で戻るので、おそらく仕事仲間と空港で飲むことになるでしょう。

■私流・出張を100%楽しむ方法

前回の投稿でこう書きました。

こんな政治家が跋扈していることも国民として知る義務があるのかと思うと、ちょっと気が遠くなりました。だって、そんな努力をしても、悔しさや怒りが膨らむばかりで、私が生きていく上でなんのプラスになるのだろう…。

これは私の包み隠さぬ本音の本音であり、またこれでいいのだろうか自問自答していることでもあります。

たしかに私が長く?生きてきた昭和の時代(いや、たった12年ぐらいか)は、政治なんて興味をやたらと持つべきではない、政治活動なんてもってのほか、少なくともおおっぴらに語るべきではない、というかダサいという社会通念がけっこう世の中を支配していたと思います。

愛国心」という言葉も怪しげな響きをもっていました。これは高い経済力を誇り、またアメリカに完全に支配された日本であったからこそ、こうした国民のありようが可能だった時代でした。まあ、「平和ボケ」というやつです。

そして、今は日本の近代史、政治に関する本を読み耽っています。次の自分のキャリアとして政治に関わってみたいという思いが湧いてきています。もちろん、政治家に立候補するとかではまったくありません。自分の専門分野で、日本に役立つ仕事をしてみたいという思いです。

ということで、はるか日常を離れてみると、思考も飛躍します。出張は憂うつですが、せっかく自分の時間をかなり投じるのですから(丸2日や!)、上手に有意義に楽しめるようになりたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

本の世界に溺れたい 人生の美しさと汚い現実の間で

■国民としての「知る義務」が正直、重い…

今お騒がせの東京都知事 小池百合子。『女帝』読みました。

サイコパスなの? とんでもない詐欺師なの? 複雑な生育環境から、カイロ大学卒を自称してテレビの世界に飛躍、そして政敵を利用しながら足蹴にして権力に昇り詰めていく様が緻密な取材をもとに描かれています。

最初はコンプレックスを抱え、野心もあふれる少女が成長し、周りの男たちを利用しながらのしあがっていくさまに一つの貪欲な生き方を見るようで面白かったのですが、政治家になってからは、その野心の向こう側にいる踏み躙られた人たち、足蹴にされた人たちの無念や怨念を感じて、面白さよりも胸糞の悪さが際立ちました。

都民として早く知らねばならないことだった…と私自身の無知さ、そして政治への関心の薄さを反省しました。

国民のために、日本国のために、より良き政治を志す優れた政治家がいることも知っていますが、こんな政治家が跋扈していることも国民として知る義務があるのかと思うと、ちょっと気が遠くなりました。だって、そんな努力をしても、悔しさや怒りが膨らむばかりで、私が生きていく上でなんのプラスになるのだろう…。

著者の石井妙子さんの取材力・筆力に感服しつつ(最後のイカロスに例えた締めは感動すらしました)、彼女の別の本も読もうと決意。また政治に関してももっと関心をもっていこうと思いました。その一方、殺伐とした気分になりすぎるので、もっと心が豊かになる読書に没頭したくなりました。

■人生を賛美する本を読もう

同時進行で読んできたのが、ルーシー・モンゴメリの『ストーリー・ガール』でした。最新版が出ているのを知らず、第一部を古本を上下巻買い求めて読み、さらに第二部になる『黄金の道』に突入しました。

主人公は話の上手な14歳の女の子(ストーリーガール)、そして彼女のいとこや近所の遊び仲間である10〜14歳ぐらいの7人の子どもたちの話です(現代の感覚的には小学校高学年〜中1ぐらいの精神年齢だと感じます。まだ具体的な性に目覚める前)。

語り手は、ストーリーガールに憧れていた少年が大人になってから過去を回想する立てつけです。

「黄金の道」それは子どもの頃に、ワクワクしながら遊びに出かけた道や、家への帰り道を指すのだと思います。大人になったかつての少年は、それを黄金の道と呼び、当時を懐かしく思い出します。

「遊ぶこと」が人生の中心だった子ども時代の、些細なことに一喜一憂したり、友達や兄弟と競ったりしたなんでもない日々が、プリンスエドワード島の自然とともに描かれています。

自分より大人の両親、うっとうしくも身近に感じる親戚のおばさん・おじさんたちに囲まれていた日々、一緒に育っていく同世代の仲間がいた日々は、なんと美しかったのだろうと思います。

f:id:kanacco11:20240418171418j:image

私たちの生きている現実世界は、とても汚いのかもしれません。しかし、それは本当に汚いのかわかりません。汚いと思い込んでいるだけかもしれません。一方で、たしかに美しいものも存在します。自分がどちらを見つめるかは自由。だったら、できる美しいものを見て、その世界に浸りたい。当面、現実社会を生きながら、本の世界に没頭したいと思います。

 

Kindle Unlimitedはお得か?損か?

ということで、amazonの読み放題プランKindle Unlimitedに再加入しました!

今は2ヶ月間無料みたいです(2024年4月時点)。いつも無料期間中に入会しては、有料なる前に退会している気がする。あるいは有料になってからも1,2ヶ月で辞めるパターンです。

月々980円なので、本1冊でもダウンロードすれば元がとれるので、絶対入った方がお得。そうわかっているのですが、読み放題をいいことにKindle Unlimitedからしか本を読まなくなる傾向があります。

「読書の幅が狭まる」「1冊1冊を雑に読むようになる」というデメリットがあります。私の場合。それに一気に読み過ぎて、食傷気味になり、当面本を読みたくなくなることも。

今回はどうかな。とりあえず「読書したいターン」がやってきたので、当面楽しみます。

 

こんな本も出てる…。読むべきか、読まざるべきか。

ちなみにオーディブルも無料で試しましたが、ダメでした。「ながら」で聞いてしまうので、結局何も聞いていないという…。

amzn.to

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!